☆★☆★☆★☆★
センズリ鑑賞
[i][Y!][ez]
人気爆発-参加者多数!!
☆★☆★☆★☆★
今日:1/昨日:0
合計:14 人

新着サイト
マンコ 不安定な天候が続く今日この頃、僕はワンルームの窓辺にもたれながらセンズリをしている。 今日は雨模様。窓から外を見下ろすと、傘の花が所々に咲き、人々は濡れないように慎重に歩いていく。雨の日の外景は好きだ。窓に打ち付けられる雨粒が心地よいBGMとなり、普段よりもゆったりと時間が流れていくような気がする。センズリをするには雨の日が最高なのだ。 いつの頃からだろう。僕は通行人を見下ろしながらセンズリをするようになった。部屋は2階なので覗かれる心配はない。僕は眼下を通っていく長い髪の落ち着いた感じのお姉さんや、クルクルパーマの色黒のギャルを見ながら、センズリをしている。そんな女の子の姿が目に入ると僕はたまらなくなってセンズリせざるを得なくなる。壁を隔ててセンズリ鑑賞されているような興奮に陥るのだ。だから、人通りが穏やかになる雨の日のセンズリが僕には最高なのである。 その日の僕のターゲットは赤い傘の女性だった。目立つ傘の色の内側からは栗色の長い髪と柔らかそうな口元が見えた。白いワンピース姿が僕のセンズリを誘っているようで彼女の姿が見えるや否や、僕は窓辺に張り付きパンツを下ろしてスタンバイした。傘に隠れて目元は見えないが、それでも彼女の眼は僕のセンズリを見てくれているような気がした。センズリ鑑賞の始まりだ。 彼女が僕の前を通り過ぎるまで約1分ほど。その1分で全てのセンズリを完了させなければならない。通り過ぎたら意味がない。後姿のケツを見ながら果てると言う手もあるが、それは単なるセンズリだ。センズリ鑑賞に興奮を覚える僕にしてみれば、彼女の目元が僕に注がれる前面からでないと意味がないのだ。 そして、僕は神速の速さでちょうど僕の眼下に彼女が来た時点で果てた。今日もいいセンズリだった。だが、いつもと違ったのは彼女がそこで歩みを止めたのである。彼女からこちらは見えないはず。気づかれるわけがない。僕がちょっとドキドキしていると、雨が止んだのだろう、彼女はそこで傘を閉じた。 そこにいたのは女装癖のおっさんだった。 センズリ鑑賞 マンコ動画

0サイトが参加中!
[サイト検索]

いますぐ登録しよう!

[登録 |変更| 削除]
[管理者]