☆★☆★☆★☆★
Jメールアプリ
[i][Y!][ez]
人気爆発-参加者多数!!
☆★☆★☆★☆★
今日:2/昨日:0
合計:78 人

新着サイト
ハッピーメールのアプリ 大学時代の後輩と久々にお酒を一緒にする機会があった。お互いに独身だが、彼はJメールアプリを使ってドライな女性関係を構築して楽しんでいるそうだ。 「遊び相手にはこれで十分ですよ」と、彼は僕にJメールアプリの使い方を教えてくれた。 僕も30を超えてそろそろ身を固めたいとは思っている。しかし、プライベートでは全く出会いがなくて後輩と遊び歩いていた大学時代を懐かしんでいたところだった。結婚とは結び付かないと考えられる出会い系アプリでの出会いはどうなのだろう?とは思ったのだが、女性慣れしていなくていきなり「結婚してください」と言っても、おそらく誰も相手はしてくれまい、と思ったのがJメールアプリを始めたきっかけだった。婚活に向けての肥やしにするつもりだった。 最初の内は誰からも相手にされなかったが、後輩からコツを教わり、ようやく一人の女性と会うことができた。「仕事帰りに食事やお酒に付き合ってくれる方」というライトな条件だった。それは僕にとっては異存はなかった。万が一、ミスマッチだったとしてもその場限りの関係となれる。これが後輩が言うところの「ドライな関係」なのだろう。 実際に会った彼女は美人には程遠かったが、人見知りもしない当たりの明るい女性だった。どちらかというと相手をリードすることが不得手で、相手に引っ張ってもらいたいタイプの僕にとっては適した女性だった。 ただ、結婚を考えているわけではない、かと言ってイッパツやりたいわけでもない僕が、どうしてこんな何てことの無い女性と食事をしているのだろうか?と、彼女のさして面白くもない仕事の話を聞きながら疑問に思ったものだ。結局、僕は彼女に食事とお酒をおごっただけで終わってしまった。 「お酒まで行けたのだったらベッドまで行くべきでしたね」と、僕の話を聞いた後輩は残念がってくれた。僕は彼のように割り切った付き合いができない人間なのかもしれない。 そして、その日は後輩と深酒をして、彼の助言通りにそのままベッドまで直行した。大学時代を思い出す彼の抱き心地だった。 出会い系業者 出会い系の援デリ

0サイトが参加中!
[サイト検索]

いますぐ登録しよう!

[登録 |変更| 削除]
[管理者]