☆★☆★☆★☆★
人妻募集
[i][Y!][ez]
人気爆発-参加者多数!!
☆★☆★☆★☆★
今日:1/昨日:0
合計:601 人

新着サイト
出会い系アプリでセックス 「昔はよく神待ちとかやってたよね」と、エロさムンムンの人妻であるハヅキさんが言っていた。 神待ちとはいえ、要は少女売春。掲示板に書き込んで男の家に上がっては関係を繰り返して日銭を稼いでいた。別に寝るところがなかったわけではなくて、学費がどうしても通常のアルバイトだけでは足りなかった。そこで知り合いの勧めで神待ちに手を出したそうだ。 「賄いつきのアルバイトみたいなもんだったなあ」と、ハヅキさんは過去を振り返っていたが、ヘンタイチックな男も多くて嫌な思いもたくさんしたので、いいアルバイトとは言えなかったそうだ。ヘンタイ男に抱かれながら、次第にささくれ立っていく自分の心を感じていた。 ただ、何がどう転ぶかわからない。そんな神待ち掲示板で腐っていたハヅキさんを甲斐甲斐しく世話してくれた男性がいて、学費も援助してくれて卒業までさせてくれた。さらには希望していた栄養士の仕事も紹介してもらって、文字通りの神が現れたのである。 やがて、ハヅキさんはその男性にプロポーズされて結婚をした。お金のために神待ちまでするようになった落ちた自分をここまで拾いあげてくれた彼にハヅキさんは感謝の言葉しかなかった。 「でも、神様も所詮は人間だったのよねえ」 神待ち少女を拾うような男である。ハヅキさんと言う伴侶を得た後も、彼は神待ち少女相手に遊ぶ癖は治らなかった。旦那には感謝しているが、彼の気持ちが自分だけに向けられていないことにハヅキさんの心の中に再び隙間風が吹き込むようになった。 こうして、ツバキさんはかつて利用していた掲示板の類似サイトで、近隣で人妻募集している男を探しては、自分も遊ぶようになった。そして、僕も人妻募集していた一人なのである。 「私と旦那・・・どっちもどっち、だと思っているでしょ?」 そう言ってツバキさんは僕に圧し掛かるようにして腰を振ってきた。僕の勃起チンコが上下にこすられてたまらずに発射しそうになる。 どっちもどっちなのだろうか?神待ち少女と遊ぶ旦那への腹いせのように、人妻募集の不倫サイトで遊んでいるハヅキさんはちょっと違うと思う。どっちもどっち、と言うのならば、奥さんがありつつ不倫サイト通いを止められない僕とどっちもどっちなのだろう。 セフレを出会い系で見つける フェラ友掲示板

0サイトが参加中!
[サイト検索]

いますぐ登録しよう!

[登録 |変更| 削除]
[管理者]
不用品買い取り・遺品整理のことは
十勝リユースにおまかせ下さい