☆★☆★☆★☆★
下着売り
[i][Y!][ez]
人気爆発-参加者多数!!
☆★☆★☆★☆★
今日:1/昨日:0
合計:51 人

新着サイト
プチ援を希望するJKの裏垢女子にアマゾンギフト券を先渡しした結果 彼女はクラスのマドンナ。とても優しくて、俺みたいなブスでも話しかけてくれる。そんな彼女と付き合えたらどんなに幸せだろうと思いながらいつも妄想してしまいます。そんな彼女が、教室で1人何かを探していました。話しかけてみると財布を落としてしまい家に帰れないと言うのでお金をあげました。絶対返すと言われたけれど、俺の両親は弁護士。お金には不自由してないし、大学生になってもまだお小遣いはかなりの額を貰っているので平気と言いましたが、次の日彼女は返してくれました。 その後も、彼女はすぐに物を無くすのか親から買ってもらったヴィトンのキーホルダーを無くしたと泣いていたので、プレゼントをしたりバイトの給料日までお金がピンチでご飯代がないと言ったのでご飯をご馳走したりしていたおかげで、彼女と話す機会が増えました。 ある日、レストランでご馳走した時に彼女の口から「私の事を気にかけてくれるなら、私が下着売りしたら買ってくれるかな。買ってくれたら今後事を少し考えてあげるかも。」と、言われたので恥ずかしかったけれど、彼女の下着を貰えるならどんな値段でも買ってしまうかもと思ってしまいました。下着売りするなら買うよと彼女に話すと彼女は笑いながら「冗談よ。」と言ってその話はそれで終わりました。 後日、大学のクラスで彼女の周辺にたくさんの人が集まっていました。俺はその様子を隠れて聞いていました。「マジ、キモいあいつ。お金に困ってるから私の下着買ってと言ったら買おうとするし、優しくすれば気があるのかと思われるし。」俺の悪口を言っている。俺はその後大学に行くのも嫌になり、彼女のせいで女性不信になってしまいました。 F割 フェラ友

0サイトが参加中!
[サイト検索]

いますぐ登録しよう!

[登録 |変更| 削除]
[管理者]