☆★☆★☆★☆★
お金が欲しい
[i][Y!][ez]
人気爆発-参加者多数!!
☆★☆★☆★☆★
今日:2/昨日:0
合計:77 人

新着サイト
愛人 お金が欲しいために、毎週宝くじを買っている。自分の器では稼げる上限額は知れていて、かと言ってギャンブルや投資などの才能の無さは高い授業料を払って痛感しているため、そんな庶民が頼るのは宝くじくらいしかないのだ。 しかし、まあ当たらない。聞けば、宝くじで1等が当たる確率は交通事故に遭う確率よりはるかに高いそうで、交通事故の経験さえないのだから無理もない。 宝くじに頼ってまでお金が欲しい理由は性欲発散のためだ。ズバリ、援助交際したいのだ。 一時期は風俗に通ったりしていたものだが、だんだんとプロの風俗嬢では物足らなくなってきた。素人の女の子とぎこちないセックスをするのがたまらなく快感になってきて、気づけば後戻りできない性癖になっていた。もちろん下半身の快感だけなら圧倒的に風俗をお勧めするが、援助交際は恋人気分が味わえるのがいい。 ただ、当たり前の話ながらこれがまたお金がかかる。ホテル代や食事代なども考えると、高級ソープに行けたりするくらいの額になっていたりする。 「私にとってはありがたいんだけどね。私、そんな上手いわけではないよ」 そんな話を女の子にすると、決まって謙遜する。だけど、その「上手いわけではない」ところがいいのだ。 そして、僕も少ない稼ぎから援助交際代をねん出しつつ、宝くじを買って援助交際し放題の生活を夢見ているのだ。 「私も宝くじ買おうかなー。今、TOTOとかロト6とかいろいろあるものね」 ぎこちないセックスを終えた後、彼女は髪をとかしながらつぶやいた。 援助交際サイトで知り合ったちょっとかわいい子だ。 結構な額を渡しているつもりなのだが、まだお金が欲しいの?と僕は聞いてみた。 「うん。宝くじが当たったら、援助交際はやめて真っ当な生活に戻るつもり」 僕は、彼女が宝くじに当たらないことを心の底から祈った。 セクロス ツイッターでオフパコ

0サイトが参加中!
[サイト検索]

いますぐ登録しよう!

[登録 |変更| 削除]
[管理者]