☆★☆★☆★☆★
LINEエッチ
[i][Y!][ez]
人気爆発-参加者多数!!
☆★☆★☆★☆★
今日:2/昨日:1
合計:23 人

新着サイト
マダムライブのライブチャットの生中継オナニーに夢中になる リラとLINEでつながったきっかけは激辛グルメだった。 彼女は韓国在住の韓国人女性だった。激辛グルメがきっかけで僕たちはLINEエッチする仲にまでなっている。 お互いに激辛マニアで激辛グルメについてのツイートを繰り返していて、それぞれの存在に気が付いた次第だ。そんなリラから「LINEで情報交換しませんか?」と持ち掛けられた。日本と韓国でLINE通話できるのか?と思っていたのだが、これがあっさりと登録することができた。 そこからは毎晩のようにLINEで激辛グルメについて喋り合った。リラはノーマルに唐辛子系の激辛が好みだったが、僕は辛子や山葵など和風系の激辛を好んでいた。国の文化が違うこともあって、同じ激辛好きでも好みは異なる。その違いが面白くて、僕はリラとのLINEを楽しみにしていた。 ちなみに僕たちは会話はできない。韓国語は話せないし、ハングルは読めない。ではどうやってコミュニケーションを取っていたのかと言うと、映像だ。片言の韓国語と日本語でお互いのおすすめ料理の写真を見せ合ったり食材を出し合ったりする。それは楽しい時間だった。時々、通信の具合が悪くて映像や音声が途切れてしまうこともあったが、その時もテキストのやり取りで意味が分からないながらも乗り切ってきた。絵文字を多用すると異国でも意味は伝わるものだ。 こうして僕たちはLINEを通じて親密になっていった。「いつか日本に行く」「いつか韓国に行く」と言うお互いお約束はまだ果たされていない。 お互いのプライベートのことも話すようになり、お互いにカレシやカノジョはいない。じゃあ、LINEエッチしても浮気じゃないよね?と激辛料理を食べながら僕とリラは股間を出し合っている。 異国の女性ともエッチできるなんてLINEは魔法のツールだ。僕の言葉責めもきっと意味が伝わっていないと思う。でも、リラからニコちゃんマークが送られてくると、ああ満足してくれたのだな、と思うのだ。 エッチなチャット チャットエッチアプリ

0サイトが参加中!
[サイト検索]

いますぐ登録しよう!

[登録 |変更| 削除]
[管理者]