☆★☆★☆★☆★
手コキ風俗
[i][Y!][ez]
人気爆発-参加者多数!!
☆★☆★☆★☆★
今日:1/昨日:0
合計:82 人

新着サイト
トイレフェラで待ち合わせをする約束を取り付ける事に成功 かつて、大相撲の新弟子だった時代がある。だが、力士としては全く大成せず、早々に廃業していた。 今では、親方も亡くなって部屋も解散しており、僕も当時とは比べ物にならないくらいすっかり痩せて、元力士と言っても誰も信じてくれないようになった。遠い昔のひと時の思い出であるが、僕にとってはかけがえのない経験だった。 親方は優しくも厳しい方だった。新弟子なのだから当たり前なのかもしれないが、僕たちの頃は一切の遊びは許されなかった。ひたすら、稽古!稽古!であり、外出さえもままならず、24時間、部屋に監禁されていたようなものだった。暢気な僕はあまり苦にはしなかったが、遊びたい盛りの男の子たちの集まりである。自由を求めて脱走したり廃業したりする連中も少なからずいた。 野口くんもその一人だった。たまに先輩力士からもらえる小遣いを貯めて、こっそり脱け出しては手コキ風俗へと頻繁に通っていた。「俺は月に一回、女の子にヌイてもらわないと死んでしまう体質なんだ!」と野口くんに懇願されて、脱走に協力させられたことも1度や2度ではない。夜が更けて皆が寝静まった後、部屋の窓を潜ってこっそり帰ってくる野口くんのツヤツヤした顔を見ていると、手コキってそんなにいいものなのかなあ、と思ったものだ。 だが、いいことはそんなに続かない。新弟子とは言え、曲がりなりにも相撲取りである。小さい町だったので、その手コキ風俗でオタクの若い衆が遊んでいる、という噂が親方の耳に入り、「新弟子の分際でけしからん!」と激怒した親方による犯人探しが始まったのだ。 親方の詰問に、野口くんが観念したかのように手を挙げた。かわいそうだが仕方ないよな、と僕が思っていると、野口くんに続いて皆が手を挙げだしたのだ。実は、僕が知らなかっただけで、全員が手コキ風俗にこっそり通っていたのである。これには、親方もあきれ返っていた。 しかし、手コキ風俗に無縁だった僕が一番出世しなかったのだから、わからないものである。真面目だけじゃたぶんダメな世界だったのだろう。 そんな僕も、今では堂々と手コキ風俗に通っている。「昔は相撲取りさんがよく通ってくれたんだよね」というお姉さんの話に「そう言えばこの辺に相撲部屋があったね」なんて会話をしながらヌイてもらっている次第である。 円光掲示板 援交サイト

0サイトが参加中!
[サイト検索]

いますぐ登録しよう!

[登録 |変更| 削除]
[管理者]