☆★☆★☆★☆★
お金が欲しい
[i][Y!][ez]
人気爆発-参加者多数!!
☆★☆★☆★☆★
今日:1/昨日:1
合計:122 人

新着サイト
愛人契約に成功した同僚から教わったお金を支援してくれる人の探し方 僕は、郊外のチェーン書店の店長である。 店長と言えば聞こえはいいが、正社員は僕一人。他は皆アルバイトだ。 子育てを終えた主婦から女子高生まで、従業員層はさまざまである。採用については、同じような経歴の女の子だったら、可愛い方を雇用している。これは当然の店長特権だ。楽しみがないへき地であり、目の保養は必要である。 ただ、残念ながら、エロい経験はこれまで一度もない。 夜の遅い時間に閉店作業をしていて、作業しているアルバイトにムラッと来ることは正直あったが、手を出す度胸は持っていない。 理性と言うよりも、ずっと同じ仕事を一緒にやっているので、同族意識が強いのだ。 悲しいことに、地域最低時給ギリギリくらいまでしか払えないのだけど、それでも募集をすると、女の子からの応募はそこそこある。 もっと稼げる仕事はいっぱいあるのに、なぜわざわざうちに?と聞くと、お金が欲しいのは確かだけど、それよりも本が好きだから、という泣ける答えを返してくれる。 そんな女の子相手に手は出せないなあ。職場では、たぶん僕は、いい店長だと思われているはずだ。 その反動か、僕はプライベートでは割り切って援交している。ここはもうお金の世界。お金が欲しい女の子がストレートに欲求を満たしている。 ただし、セックスでは満足するが、どこかお金を払った後に空しさも感じてしまうことは事実だ。 そんな具合に、僕は表と裏を使い分けている。表裏は上手く一体とならず分離していると思う。 先週雇ったA子ちゃんも、よく働いてくれる上に、ルックスも気立てもいい。 同じシフトになることが多くて(もちろん僕が操作した)、彼女と二人でレジに入ったりすることもあるが、本屋のアルバイトをやらせておくにはもったいない器量の良さだ。 こんな子が、援交サイトに書き込みをしていたら、僕なんて真っ先に飛びつくのになあ、なんて思う。 お金が欲しいのは確かだけど、それよりもセックスが好きだから、という泣ける答えを返してくれる女の子はいないものだろうかね?なんて、僕はA子ちゃんのきれいなうなじを横目で見ながら思うのだった。 愛人契約の相場 愛人契約

0サイトが参加中!
[サイト検索]

いますぐ登録しよう!

[登録 |変更| 削除]
[管理者]