☆★☆★☆★☆★
神待ち少女
[i][Y!][ez]
人気爆発-参加者多数!!
☆★☆★☆★☆★
今日:1/昨日:4
合計:490 人

新着サイト
神待ち 神待ち少女なんて絶対いないと思いました。何度も神待ち少女の掲示板に会う約束をしてもドタキャンされます。何度も引っかかる俺も悪いけれど、また会えるのかなと期待してしまいやめられないでいました。今日も神待ち少女と1人会う約束をしましたが約束の時刻になってもその人は来ませんでした。帰ろうと思った時でした。 「遅くなってごめんなさい。電車が遅れちゃって。」まさか本当に会えると思いもしませんでした。彼女は今日だけ部屋を泊めてくれる人を探していたので、俺の家なら空いてるよと投稿したことがきっかけで今回会うことになりました。彼女が来るのか半分疑っていたので本当に嬉しかったです。 その後家に行く前に、ご飯を食べることにしました。食事中に彼女は日本一周旅行をしていて泊まるところを節約していると教えてくれました。そんな彼女にいやらしい事を求めてはダメだなと思った俺はただ彼女が家に泊まりに来るだけで満足しようと思いました。 家に着くと俺は彼女にシャワーを勝手に使ってもいいと言いました。すると彼女は早速シャワーを浴びて、すっぴん姿で俺の前に現れました。その姿は可愛い。次に俺がシャワーん浴びると彼女の長い髪が落ちていました。もう、いやらしい事しか考えられない俺。そして、シャワーから出て彼女にビールを勧めると彼女は遠慮なく飲み始めました。俺はそんな彼女にどんどん勧めました。酔った勢いで過ちが起きないかなと期待しているからです。 彼女は次第に酔っ払ってきました。意外にも彼女はキス魔と自分から言ってくれたのでキスは簡単にしてくれました。 愛人募集 愛人募集

0サイトが参加中!
[サイト検索]

いますぐ登録しよう!

[登録 |変更| 削除]
[管理者]