☆★☆★☆★☆★
中イキ
[i][Y!][ez]
人気爆発-参加者多数!!
☆★☆★☆★☆★
今日:1/昨日:2
合計:77 人

新着サイト
乳首いき  カナエは38歳の人妻でした。 僕は21歳の大学生ですから、その年齢差はかなりある。 だけど欲求不満でしたから、熟女のオマンコでも良いんじゃないか?と思って交流を続けていました。 「私、全然美人じゃないよ」 「誰に似てるんです?」 「誰だろ?猫娘?」 妖怪かよ、なんて突っ込みを入れながらも、見た目より肉体なんて気持ちになってしまっている不満な俺。 「ちなみに、スタイルどんな感じ?」 「どうだろう?ムチムチ?」 「バスとは?」 「Fカップ」 ぶっちゃけ、全然悪くないって思っちゃって、何とかアポ取れるように交流を続けました。  カナエとの順調過ぎる交流の後でした。 ラブホテルのある、某駅前で落ち合うことになりました。 猫娘どころじゃない! 佐藤栞里を程よい肉付けしたって感じの人妻に、感激してしまいました。 挨拶もそこそこに、手をつないで引っ張るようにホテルに向かってしまいました。  カナエは熟女になって、やたら敏感で、たくさん中イキすると話していたため、それは楽しみだったのです。 「そんなに、中イキしちゃうの?」 「指だけで、何回もするかも」 魅力的な表情を赤くしながら、離すものだから、こっちも興奮は余計に強くなってしまいます。 「それじゃ、どのぐらい敏感か指入れて確かめてみるね」 「エッチだな…」 「なんだ、マン汁が、もう出てるじゃないか」 「優くんが、エッチのこと話したりするからだよ」 こんな会話をしながら、彼女の膣の中に指を突っ込みグリグリ動かす。 しばらくすると「ダメ…ダメだよ…逝くよ…」と、喜悦の声を出してしまいました。 凄い!こんなに簡単に中イキ? 挿入したらどうなるの? 俺の頭の中、大混乱。 熟女の肉体とは、こんなに敏感なものなのか? 誰もがこんなに、過激に反応してしまうのか? カナエだけなのか? 様々な思いが頭の中を交錯しました。 そして、熟女のオマンコに肉棒を挿入開始。 「はぁあああっ、はっはっはっ、ああっはっはっ、あんあんあんあん、いいっいいっいいっ、い、い、い、逝くっぅ」 カナエはもんどり打って、中イキしてしまうのです。 衝撃的な興奮でした。 彼女が絶頂を迎えた後も、さらに中で動かし続ける。 さらに彼女は絶頂を感じる。 射精が終わるまで、何度も繰り返しオーガズムを味わいまくり、最後は失神していました。 クリ舐め 乳首責め

0サイトが参加中!
[サイト検索]

いますぐ登録しよう!

[登録 |変更| 削除]
[管理者]