☆★☆★☆★☆★
家出少女
[i][Y!][ez]
人気爆発-参加者多数!!
☆★☆★☆★☆★
今日:1/昨日:0
合計:233 人

新着サイト
数日間、神待ちを泊めて毎日セックス 『家出少女募集! 長期滞在も可能』 血迷った俺は、あるサイトにそんな書き込みをしてみたんだ。 社会人になって5年目。 仕事もそこそこ立場ができてきて、後輩指導なんて任されるようになってきた。 部屋には必要最低限のものしか置いてなかったが、食事はほぼ外食だし、部屋ですることと言えば寝るくらい。 強いて言えば洗濯物が溜まってるのが、ネックだったんだ。 友人が彼女にしてもらえばいいじゃん、何ていうけど社会人になってから仕事が忙しくてそんなもの居たことない。 ただ、その言葉を聞いてから、妙にイライラして、気が付いたらサイトに書き込みをしていた。 ほどなくして、ある女性から連絡が来た。 『今○○駅の辺りにいます。そちらに行ってもいいですか?』 まじで居るんだ、家出少女とか。俺は返事が来たことに驚きながらOKの返事を書いた。 すぐに彼女が到着して、おもてなしするほどのものが何もないので、コーヒーを出した。 彼女は何でもするから暫く置いてほしい。 実家の親と喧嘩して飛び出してきてしまったから、行くところがないという。 俺が彼女にして欲しいことで、一番最初に思い付いたのは洗濯だった。 そう伝えると彼女はきょとんとした顔でこっちを見た。 「泊めてくれるなら洗濯くらい勿論するけど、なんでもってこーいうことだよ」 俺に体をにじり寄せてきて、彼女は俺の手を自分の胸に導いた。 久々に触る女性のおっぱいの感触は、俺の本能を呼び起こした。 「普通は、家出少女に洗濯なんて頼まないよ。むしろ、もっと汚れることばっかりしてるくらい」 クスクスと笑っている彼女に理性がぶっ飛んで、俺は気が付けば彼女を押し倒していた。 「んっ」と俺が触れるたびに可愛い声を上げる彼女に夢中になり、何度もいってしまった。 朝が来て、仕事に行こうとした俺に彼女が「早く帰ってきてね。洗濯は全部終わらせとくから、また一緒に汚そうね」だって。 神待ちサイト 出会い喫茶

0サイトが参加中!
[サイト検索]

いますぐ登録しよう!

[登録 |変更| 削除]
[管理者]