☆★☆★☆★☆★
LINEでセフレ募集
[i][Y!][ez]
人気爆発-参加者多数!!
☆★☆★☆★☆★
今日:3/昨日:0
合計:127 人

新着サイト
出会い系でのセフレの作り方 まあ、俺はタバコ臭いのだそうだ。俺自身は気づいていないが、20年間1日1箱ペースで喫い続けているためか、体にすっかりタバコの匂いが染みついているのだろう。 昔はどこでもタバコが喫えたし、さすがに俺でも禁煙のフロアや嫌煙家の前で一服するような失礼なことはしない。こうやってヘビースモーカーと一般社会との折り合いはつけてきたつもりだったが、受動喫煙がクローズアップされてきてからは世論の矢面に立たされることが多くなった。 ある時、上司に呼び出されてタバコを控えるようにとやんわりと言われた。禁煙の社内で喫っているわけではないのだから、別にいいだろう?と思っていたのだが、上司によると苦情が寄せられているらしい。理由は俺から漂うタバコ臭さだ。あの人と一緒に仕事したくない、とまで言われているそうだ。社内の人気者になりたいわけではないが、さすがに身の振り方を考えてしまった。 その点、LINEはいい。LINEでセフレ募集していて何人かの女の子と会話する仲になっているが、LINEのお供にはタバコが最適だ。女の子とのエロトークを肴にタバコを喫っているわけだ。相手の女の子がリアルでは嫌煙家だとしても、LINEでは匂いまでは伝わらないので一切気にしないでいい。 ただ、LINEでセフレ募集していた女の子と実際に会うことになった時は、うれしい半面、タバコをどうするか?でちょっと困った。相手もスモーカーなら問題はないが、嫌煙家だった場合、俺はタバコを我慢できるのだろうか?また、その子はタバコを我慢してくれるのだろうか?だが、その時の俺は喫煙欲よりも性欲が上回った。匂いがしないように念入りに洗濯をして、一服たりともタバコは喫うまいと硬く決意した。 デートはスムーズだった。LINEで結構話していたこともあって、特に抵抗もなくお互いにすんなりと会話に溶け込めた。物足りなかったのは、彼女との会話に欠かせなかったタバコが俺の右指にないことくらいだった。しかし、その違和感こそが徐々に影を落としていった。お酒が入って1時間もすると、もうニコチン中毒症状が出始めたのである。 そこで彼女に断って俺は外に出ると禁断のタバコに火をつけた。半日ぶりのタバコはムチャクチャ美味かった。しかし、満足して戻ってくると既に彼女はいなくなっていた。自分とのデートよりもタバコを選んだ俺に早々に見切りをつけたのだと思った。 出会い系でセフレ募集 割り切り掲示板

0サイトが参加中!
[サイト検索]

いますぐ登録しよう!

[登録 |変更| 削除]
[管理者]