☆★☆★☆★☆★
車内
[i][Y!][ez]
人気爆発-参加者多数!!
☆★☆★☆★☆★
今日:1/昨日:0
合計:17 人

新着サイト
センズリ鑑賞をさせた女の子と相互オナニーに進展する  36歳の会社員です。 妻とは、社内恋愛で結婚しました。 女子社員の中でも、かなり魅力的な女の子でしたから、デートできるようになったときは、さすがに喜びを強く感じたりして。 妻の真希と秘密を共有できる事に、高揚感なども感じていました。  真希とは、付き合い始めてからなかなか体の関係を求めることができませんでした。 それはやはり、自分自身に警戒心があったんだと思います。 魅力的な異性でしたから、あまりガツガツすると関係が壊れてしまうのではないか? そんな危惧感を持っていたのでした。 それでも魅力的な異性との関係を、何とか作らなければという焦りも同時に持っていたりもしました。  真希と初めて関係を持ったのは、車内です。 ドライブを楽しんでいた時です。 彼女が、自分の膝の上に手を置いてくるのです。 瞬間、電流が流れたような何かを感じたのです。 股間は直ぐに反応始めてしまう。 彼女も、それは分かっていたようでした。 ホテルに行くという選択肢を、考えることができませんでした。 人のいない駐車場に、車を滑り込ませてしまっていました。  車内で見つめ合う2人。 とても自然に、2人でキスを求めあう。 シートベルトを外し、彼女のそばへ顔を近づけて行く。 彼女の甘い香水の香りが、鼻にまとわりつくような感じでした。 いつものキスより、ずっとうっとりとした表情を浮かべていました。 求めている! 男の直感で判断ができます。 車内でさらに見つめ合う。 性的な渇望が強くなり、均衡が破れました。 彼女の胸に触れてみる。 Cカップの膨らみ。 触られると、さらに表情をうるうるさせてくる。 またキスをしながら胸を触ります。 その手を、スカートの中にいれていきました。 パンツの脇から指を入れたところ、マン汁でかなり濡れまくってしまっていたのです。 車の中に響く、彼女のオマンコの下品な音。 夢中で、真希のクリを弄り続けてしまっていました。  車内ですから、どうしても、騎乗位になってしまいます。 彼女のキツイ膣に挿れ、たっぷり動かしてもらって快楽を味わえまくっていきました。  今でも最初の車内セックスの話は、2人の間で話題になります。 妻は「車の中が狭かったから、凄く窮屈だったけど、興奮しちゃったんだよ」と。 フェラ援 フェラ友

0サイトが参加中!
[サイト検索]

いますぐ登録しよう!

[登録 |変更| 削除]
[管理者]