☆★☆★☆★☆★
無償で支援してくれる人
[i][Y!][ez]
人気爆発-参加者多数!!
☆★☆★☆★☆★
今日:1/昨日:0
合計:24 人

新着サイト
お金を恵んでもらう 彼女はお金に困って、一時期は風俗で働こうかと思ったそうだ。 セックスには抵抗がないし風俗でやることについてはクリアーできると考えたが、やっぱりそういう組織に組み込まれることへの怖さはあったらしい。 そんな流れで、今は援助交際を通して無償で支援してくれる人を探しているとのことだった。 それでも、やっぱりお金とセックスという法律ギリギリのところで交わる遊戯だ。そういう、人の欲望が最大限に発揮される場所で無所属は何かと厳しいのではないだろうか。まともに金を払わず女の子が泣き寝入りしたり、約束以上のえげつない行為をされたりするなんてことがないとも言えない。そんな時は、バックに組織の後ろ盾がないと安心して働けまい。個人の援助交際に出禁なんてシステムはない。 それでも彼女は「私はそれでも独りが気楽だな」と言う。組織に出禁にされたヘンタイどもが個人を狙うようなこともあるだろうに。 「でも〇〇さんはそんなことないじゃん」と、彼女はクリトリスを大きくしながら僕の舌技を受け入れてくれていた。 僕も正直なところ、風俗には抵抗がある。何だかんだで女の子の懐にはお金の一部しか入らず、組織にピンハネされるんだよなと考えると、そんなところで働かされている女の子が気の毒になって楽しめなかったりもするのだ。 だから、僕は無償で支援してくれる人を探す女の子たちを漁っている。無償で支援とはピンハネなしに女の子の懐にお金が入るシステムだ。僕の方もそれで心も体も満たされる。 それに、無理強いこそしないものの女の子から同意さえ得られれば風俗以上のことを楽しめたりもする。 「そんなことを風俗でやったらたちまち出禁だよね」 女の子から言われるまでもなく実は僕もいくつかの風俗から出禁にされている。無償支援とは僕の偏った性欲に対する言葉だ。 「はい、どうぞ。優しくしてね」 と、笑いながらお尻の穴をこちらに向けた女の子に対して、僕は荷物から〇チジク浣腸を取り出した。 40代のパパ活 主婦のパパ活

0サイトが参加中!
[サイト検索]

いますぐ登録しよう!

[登録 |変更| 削除]
[管理者]