☆★☆★☆★☆★
オナ電
[i][Y!][ez]
人気爆発-参加者多数!!
☆★☆★☆★☆★
今日:1/昨日:1
合計:64 人

新着サイト
センズリ 鑑賞 今は会社の仕事でシンガポールに赴任しています。3年後には帰任できるという話ではあるのですが、まあどうなるかはわかりません。 仕事そのものは、確かに国内とは勝手が違うものの、日本にいてはできない仕事も多くてストレスよりもやりがいの方を感じますね。 ただ、やっぱり日本が恋しくなることは多いです。仕事はともかく、プライベートはなかなかコミニュケーションに苦労しますから。特に女性は日本人しか受け付けません。一度、会社の先輩にシンガポールの風俗街であるゲイランに連れて行ってもらったことがあるのですが、やっぱりしっくりと来ませんでした。日本女性のしとやかさは海外に出て初めて気づいたことです。 僕には、日本に残してきた彼女がいます。正直な話、彼女と言っても過去の話でして、正式に別れたわけではありませんが、僕がシンガポールに旅立つ時も見送りにさえ来てくれなかった冷めた関係でした。けれども、こうして異国の地で一人ぼっちになると、彼女とのセックスをやたらと思い出すのです。気づけば、ベッドの上で彼女を思いながらオナニーする毎日になっていました。性欲は誰しもつのるものですが、誰でもいいと言うわけではありません。僕にとってはやっぱり彼女がいいのです。 昔は国際電話なんて高くて無理でしたが、今は無料通話アプリがあれば国境も関係がありません。そこで僕は恥を忍んで彼女に電話をしました。彼女の声を聴きたかったのです。声さえあればオナ電できます。 突然の僕の通話に彼女は驚いてましたが、けんか別れした間柄でもないので懐かしさも相まってしばらく他愛もない話をしました。残念ながらもう彼女には新しい彼氏がいました。でも、声さえあればいいのです。通話後、僕は音声ソフトを駆使して言葉をつなぎ合わせて淫語を作りました。これもまたオナ電です。「あ」「あ」「い」「っ」「ち」「ゃ」「うー」という彼女の言葉を再生しながら、僕は異国の地で毎晩オナニーを続ける日々です。 バター犬 クリ責め

0サイトが参加中!
[サイト検索]

いますぐ登録しよう!

[登録 |変更| 削除]
[管理者]