☆★☆★☆★☆★
足長おじさん
[i][Y!][ez]
人気爆発-参加者多数!!
☆★☆★☆★☆★
今日:1/昨日:1
合計:45 人

新着サイト
パパ活をする40代 女子高に勤務していた経験がある。 まあ、女子高と言ってもJKに囲まれていたわけではなくて、庶務とかそっち方向の裏方だったのだが、目の保養にはなった。教室の蛍光灯切れが報告があればその交換に行くのが楽しみだった。蛍光灯を交換している傍らに見下ろすと、あっちでもこっちでもJKがわちゃわちゃしていて、ああいいなーとエロオヤジみたいに思っていた。 当時からマッチングアプリ的なものはちょぼちょぼやっていたのだけど、これだけマッチングアプリ登録予備軍とも言える女の子がうじゃうじゃいるんだから、近い将来、この中から僕のチンコが入るマンコが現れるのだろうなと考えると、輝かしい未来にわくわくしたものだ。 ただ、JKに手を出す気は全くなかった。倫理上のこともあるし、何よりも眺めるくらいで個人個人の生徒との接触はまるでない仕事だったためでもある。 だが、その中で一人、ひときわ目を引くJKがいた。僕の勤務していた事務室の窓からちょうど見えるところにテニスコートがあったのだが、そのテニス部のキャプテンだった女の子である。例えは古いが、〇ースをねらえ!のお蝶夫人のような躍動感と日本人離れした煌びやかなルックスがやたら目立っていた女の子だった。 彼女が実はお金に困っていて僕が足長おじさんのように援助する。「私を助けてくれる足長おじさんはどんな人だろう?」と彼女は思いを巡らし、卒業後にその正体が庶務課のおじさんであることを知る。そこから僕と彼女のチンコとマンコの関係が始まるのだ!・・・などと妄想したりもしたものだ。 それから諸事情で女子高勤務は辞めて今は別の仕事に就いているが、仕事内容は別として自分は恵まれた環境で仕事していたのだなあと今の職場の女っ気のなさに女子高勤務していた5年前を懐かしむ日々である。そして、あのかわいかったお蝶夫人がひょっとして登録してないものか?とマッチングアプリ漁りはかかさない。もっとも、仮にいたとしても足長おじさんみたいに援助していたわけではないから「おっさん誰?」ってなるのだろうけどね。 熟女のパパ活 無償でお金くれる人

0サイトが参加中!
[サイト検索]

いますぐ登録しよう!

[登録 |変更| 削除]
[管理者]